CakePHP2の画像アップロードプラグイン「UploadPack」を試してみた


CakePHP2の画像アップロードプラグイン「UploadPack」を試してみた

こんにちは!
CakePHP2の画像プラグインを色々試しているので今回は「UploadPack」というのを試してみました。
いってみましょう!!

CakePHP2とUploadPackをインストール、有効化

インストールからしましょう。
Composerでインストールしたいのですが「UploadPack」はCompserに対応していないため、git submodule などでインストールするといいかもしれません。

composer.json

とりあえずCakePHPが動くように設定していきましょう。
以前まとめたのでこちらをご覧下さい。

CakePHP2をComposerでインストールしてプロジェクトを立ち上げるまで

プロジェクトが立ち上がったらgit submoduleでインストールしましょう。

最後にbootstrap.phpにプラグインを読み込むように書き込みましょう。

Config/bootstrap.php

これで有効化出来ました。

UploadPackの設定

実際にコードを書いていきます。

UploadPackでは_file_nameというものがついているフィールドに画像情報を保存するのでテーブル内に_file_nameがついたフィールドを用意しましょう。

Userモデルに対してコードを書いていきます。

Model/User.php

アップロード処理をControllerに書いていきます。といってもデータを普通に保存するような形で構いません。

Controller/UsersController.php

あとはViewです。「UploadPack」にはhelperがついているのでそこから呼び出しましょう。(Controllerでhelperを読み込んでます。6行目)

View/Users/index.ctp

これで動きますー! 80×80の画像が生成されたと思います。

最後に

データベースのフィールドに制約があるものの、ヘルパーもついていてとても簡単に画像アップロードが実装出来るのでおすすめのプラグインです。
composerに対応してくれるともっと嬉しいなーってプルリク送れってことですねすみません!

CakePHP2 実践入門 (WEB+DB PRESS plus)
安藤 祐介 岸田 健一郎 新原 雅司 市川 快 渡辺 一宏 鈴木 則夫
技術評論社
売り上げランキング: 30,585

更新情報はFacebookページで!

ブログの更新、読んで役立つ他ブログの記事などを更新しています。




関連のある記事


質問があればこちらからどうぞ