Facebookタブページを制作するときに気をつけていること

こんにちは!

今回は僕がFacebookのタブページを制作するときに何個か気をつけていることがあるので記事にしておこうと思います。
誰かの役に立つことを信じて。

ちなみにタブページっていうのは昔の記事で言及しているもののことを指しています。

Facebookタブページを制作しているときに気をつけていること

そこまで多くないし普通にページ制作してれば大丈夫なのですが、Facebookタブページ内では以下のことに気をつけながら制作しています。

  • widthは810px

    810pxより大きく作ってしまうと、ページにスクロールバーが出てしまうのでここは気をつけて作っておいたほうがいいです。
  • Facebook JavaScript SDKを読み込む

    Facebookタブページを作る際、Facebook JavaScript SDKが準備されているのでそれを読み込みましょう。
    具体的には以下のコードになります。

Facebookの情報を取得したり投稿したりするためのアクセストークンの取得方法

こんにちは!

普段からFacebookのAPIを叩いたりしているのですが、アクセストークンの取得の方法をなんとなくまとめる機会があったので、このブログでも軽くまとめていこうかなと思います。

そもそもアクセストークンって?

アクセストークンとは、APIを叩くために必要な鍵みたいな存在です。
ちょっと重要な情報(非公開にしている投稿や画像、個人情報など)をAPI経由で取得したい!と思ったとき、その情報を取得しても構わない人にアクセストークンを渡すことによってデータへのアクセスを許可する役割があります。

とりあえず重要な情報にアクセスしようとするとアクセストークンが必要になるよ!ってことだけ覚えておくといいかもしれません。

今回取得するFacebookのアクセストークンは自分自身へのアクセストークンを取得する方法なので、例えば自分の持っているFacebookページの投稿に対するインプレッションを記録したり、メッセージを自分だけのアプリ上で送信出来るようにしたり、そういうことをするときに必要になるアクセストークンを取得していきます。

それでは早速やっていきましょう。
“Facebookの情報を取得したり投稿したりするためのアクセストークンの取得方法” の続きを読む

CakePHP2とComposerでFacebookログインを実装するまで

みなさんあけましておめでとうございます!
2ヶ月くらい更新してなかったですが、ブログは書き続けてたほうがいいなぁと思っていたので新年からまた書き始めます!

それでは早速書いていきましょう。

最近Composerを使ってCakePHPでFacebookログインを実装したので、そこまでの流れをまとめておこうと思います。
“CakePHP2とComposerでFacebookログインを実装するまで” の続きを読む

GraphAPIを用いてページにいいねが押してあるか判別する方法

みなさんこんにちは。

FacebookのGraphAPIってやっぱ楽しいですね。
個人情報をここまで簡単に取れるAPIをいじれるのはとても楽しいですよ。

今回はPHPを使ってあるページにいいねが押してあるかどうかを判別する方法を紹介します。
簡単なことではありますが、2通りの方法を紹介します。 “GraphAPIを用いてページにいいねが押してあるか判別する方法” の続きを読む

CakePHP2.2.3でFacebook連携して自分の友達の女の子の画像を一覧で見てみる (CakePHP Advent Calender2012 1日目)

ついに今日から25日まで続くAdvent Calenderが始まりました。
CakePHP Advent Calender2012の1日目を担当させていただく、たがみ(@DAI199)です。

Cakeを使い始めて半年程度の新米ですが、僕の知識をみなさんに共有するために今回の記事を書きたいと思います。

CakePHPアドベントカレンダー2012本家
http://www.adventar.org/calendars/40

Twitterハッシュタグ
#cakeadvent2012

普段はFacebookと連携したアプリを量産しているため、今回の記事では、CakePHPとFacebookを連携し、ちょっとしたアプリを作ってみたいと思います。
デモアプリはこちら

>>> 女の子の画像一覧を見てみる

以下目次です。

◯ Facebookログインの実装
◯ Graph APIを叩く
◯ 女の子一覧を見てうはうは

“CakePHP2.2.3でFacebook連携して自分の友達の女の子の画像を一覧で見てみる (CakePHP Advent Calender2012 1日目)” の続きを読む

Facebookアクセストークンを取得してそれを60日間使えるようにする

FacebookのOffline_accessが廃止されてから、アクセストークンは最大2ヶ月までしか使えないようになりました。
色々調べた結果、アクセストークンのアクセス期間を最大で2ヶ月までのばす方法を見つけました。
そこでアクセストークンのまとめとして、PHPで今までのアクセストークンを自動で60日間に延長させるコードを書いてみます。

ただこのスクリプトは自分で発行したアクセストークンを使用しているため、他の人のアクセストークンの場合うまくいかない可能性があります。

ご参考程度にお願いします。

それでははじめましょう

◯ アクセストークンの取得
◯ 60日間に延長するためには?
◯ 完成コード

“Facebookアクセストークンを取得してそれを60日間使えるようにする” の続きを読む

Facebookアプリ作成勉強会の講師をしてきました!

2012年10月7日 日曜日。
学生6人を集めた小さい勉強会ではありましたが、アプリ系では初めて講師をさせていただきました。
初の試みでどうなることか心配でしたが、来てくれたみなさんがとても温かく見守っていただいたおかげでなんとか成功させることが出来ました。
今日の記事は勉強会で行ったことをまとめていきたいと思います。

“Facebookアプリ作成勉強会の講師をしてきました!” の続きを読む

Facebook GraphAPIをコール出来る上限

この記事を見ているあなたはFacebookアプリを作成していますか?

現在Facebookアプリを作成している @DAI199 ですが、いきなり以下のようなエラーが出ました。

(#4) Application request limit reached

あーなんか上限に達したんだなってことはわかったんですが、自分自身そこまでAPIをコールしていなかったので意味が分かりませんでした。
“Facebook GraphAPIをコール出来る上限” の続きを読む

FacebookページのIDを取得する方法

今日はライトな記事です。
Facebookに既に十分詳しい方は別の記事やブラウザをそっと閉じることをおすすめします。

OpenGraphAPIを使用してFacebookページの情報を取得する際に必要になるのがIDです。
OpenGraphAPIって何?って人は、Facebookから色んな情報を取得するための仲介役だと思っておけばOKです。
Facebookの全てのものには固有のIDが振られていて、そのIDを取得してOpenGraphAPIというものにつっこむとそれに関する色んな情報が取れるってわけです。

今回はFacebookページの固有なIDを取得する方法を紹介します。
今は必要なくてもいつか必要になるかもしれないしとても簡単なので読んでおいて損はないですよ!

“FacebookページのIDを取得する方法” の続きを読む