PHPでGoogleドキュメントのスプレッドシートに書き込むラッパー作りました


こんにちは。
Google スプレッドシートに書込が出来て喜んでいるたがみです。

早速ですが、Googleスプレッドシートに書き込みが出来ることを知っていますか?
これ出来ると便利なんですよねー。
フォームから入力されたデータを見る人はプログラムわからない人だったり、データベース触れない人だったりするんですが、ExcelベースのGoogleスプレッドシートだと見た目Excelなんで抵抗なく、触ることが出来ます。

ということで簡単なPHPのクラスを作ったので紹介します。

ただまとめただけではありますが、簡単にスプレッドシートに書込が出来ます!

Githubにアップロードしているのでダウンロードしてください。
GgSpread – github

それでは簡単なサンプルを作成してみましょう。

以下が目次になります。

1, Zendフレームワークをインストールする

2, Googleスプレッドシートを作成する

3, GgSpreadをインクルードする

4, インスタンスを作成する

5, 書き込みたいデータをsetする

6, 書き込む!!

終わりに

1, Zendフレームワークをインストールする

ダウンロードしてきたGgSpreadを使用するためには、Zendフレームワークのコンポーネントである、Gdataというライブラリが必要なので、Zendフレームワークをインストールします。
インストールといっても、中身はただのPHPファイルなので、PHPが動く環境であればどこでもインストールすることが出来ると思います。

Zendフレームワーク ダウンロード

2, Googleスプレッドシートを作成する

テスト用のGoogleスプレッドシートを作成しましょう。
スプレッドシートを作成したら、以下の画像のように、1行目に項目を入れておきましょう。
これがないと動作しません。

※注意!
項目が日本語の場合書き込み出来ないぽいです。英数字で指定するようにしましょう!

3, GgSpreadをインクルードする

適当なPHPファイルを作成して、GgSpreadをインストールしましょう。
当たり前ではありますが、以下のコードで動作します。

4, インスタンスを作成する

それではGgSpreadのインスタンスを作成しましょう。
引数としては、2でスプレッドシートを作成したアカウントのメールアドレス、パスワード、スプレッドシート名、ワークシート名です。
以下例になります。

5, 書き込みたいデータをsetする

書き込みをしたいデータを連想配列でsetします。
以下が例になります。

6, 書き込む!!

データをセット出来ればあとは書き込むだけです!
以下例です。

これで書き込み完了です!!

終わりに

いかがでしたでしょうか。
GgSpreadを使えば簡単にGoogleスプレッドシートに書き込みをすることが出来ます。
今後の課題としては、GgSpreadで、スプレッドシートのデータを読み込み出来るようにすることです。
近々やることがあれば、また共有したいと思います。

何か質問等ございましたら、以下のFacebookコメント欄、またはTwitter(DAI199)でリプライください。

更新情報はFacebookページで!

ブログの更新、読んで役立つ他ブログの記事などを更新しています。




関連のある記事


質問があればこちらからどうぞ

カテゴリーPHP