【CakePHP2.1】モデルで定義したバリデーションのエラーメッセージを表示する方法

少しはまったのでシェア

例えばPostモデルで定義したhogeフォームのバリデーションを下のように定義します。
Controller では $helpers = array(‘Session’); を定義しておきます。

<?php 
class Post extends AppModel { 
    public $validates = array(  
        'hoge' => array( 
            'rule' => 'notEmpty',
            'message' => 'hogehogehoge' 
        ) 
    );
}

 

CakePHPのチュートリアルではモデルでバリデーションを定義すれば自動的にエラーメッセージが出力されたのですが、レイアウトを独自なものにした場合(案の定)表示されない。
“【CakePHP2.1】モデルで定義したバリデーションのエラーメッセージを表示する方法” の続きを読む

Facebookにアクセスするときに便利なたった5文字の短縮URL

Facebookにアクセスするとき、URLを打つと、

www.facebook.com

と16文字になります。
ただFacebookにはこれを省略するURLが準備?されており、それを打つと一瞬でアクセス出来ます。

アドレスバーに次の5文字を入力してアクセスしてください。

fb.com

アドレスバーに入力された5文字がリダイレクトされ、

www.facebook.com

になります。

普通にFacebookにアクセスしたい場合に便利ですし、APIを叩きたい場合にも使えます。

ちなみに、「fb.me」にアクセスしても同様なので頭に入れておくといつか役立つかもしれません。